補聴器の種類

 

補聴器の種類

補聴器の種類
 
外からは気づかれにくい極小の耳あな形(CIC)から、ハイパワーな耳かけ形まで。ひと口にデジタル補聴器と言っても、さまざまな種類があります。また、耳かけ形の中には、多彩なカラーバリエーションがあります。
   
CICは「Completely In the Canal(完全に耳穴に入る)」の略。極小サイズなので外から見えにくく、電話、帽子などの使用時におすすめです。また、聞こえがより自然になり、風切り音や装用時の違和感も軽減することができます。
   
種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。小さくあまり目立たず、安定感もあり、CICより操作しやすいのが特徴です。
   
カナル形補聴器でハウリングが多い場合は、耳のくぼみ全体まで覆うこのタイプで軽減することができます。
   
広範囲の聴力レベルに適応しており、操作がしやすいうえに、種類が豊富です。ケースカラーも取り揃えていますので、独自の補聴器にアレンジすることができます。
   
ハイパワーの補聴器なので、高度や重度難聴の方にも適応しています。ケースカラーも取り揃えていますので、多彩なアレンジを楽しめます。
<<株式会社 九州補聴器センター>> 〒802-0006 福岡県北九州市小倉北区魚町二丁目2番19号 TEL:093-521-3354 FAX:093-521-3358